2017年08月30日

MacBookProEarly2011復活までの道!

Facebookには投稿しましたが、5年以上愛用していたMacBookProEarly2011 15インチのリチウムバッテリーが暴発いたしました。はじめはトラックバッドが浮いてきた。。。(これ自体大問題)のですが、そのうち筐体がひずんでキーを打つたびにガタガタと揺れるではありませんか。よく見るとボディ全体がひずんでおります。原因はリチウムバッテリーの膨張なんです。[Oh My
God! ]
まあ火が出なくて良かったね!といえばそうなのですが、全く使いものにならなくなりました。そろそろ寿命かなと思っていたところどうやら、うまくいけばバッテリー交換で復活するかもしれないという情報が・・・
DSCN0509.JPG

 早速バッテーリーと専用ドライバー((ーー゛)なんでこんなんいるの!?)を注文しました。(面倒な交換作業は割愛!!)
まずは無事起動といきたいのですが、OSをクリーンインストールしなきゃってことで⌘+Optionでネットから直接インストールしてやろうと思ったところがインストール画面で止まります。

で、よくよく調べるとどうやらオリジナルのOSをインストールしてからアップデートじゃないとダメみたい!!
結局、Mavericks→Yosemite→Sierraと順次OSアップデートが必要でした。EFIアップデートしたはずなんだけどそれだけじゃダメみたいですね。




DSCN0521.JPG
DSCN0523.JPG
DSCN0524.JPG

まあ、もう6年目ですからしかたありません。最新OSが入るだけマシってもんです。
というわけで、我がスタジオ最後のMacも終わりかと思われましたが、何とか復活いたしました。USB2.0なので実務(撮影)で使うことはないと思いますが、KeyNoteが使えるようになったのはとても嬉しいですね。

【Mac&PCの最新記事】
posted by BOCO塚本 at 17:02| Comment(0) | Mac&PC
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: